I鯖の人口が500人減った2014年、何があったのか。

昔々(今から約4年前)、FEZには今と違って3つサーバーが存在しました。

Jeremiah=J鯖Kether=K鯖、そして我らがIshuld=I鯖です。(読み方全部わかりません)

問題のI鯖、実は2014年~で核戦争があって人口がだいぶ減ってしまいました。

 

始まり

I鯖ネツァワルにとあるスコア厨部隊が生まれました。名前をあくタイプといいます。

この部隊、スコア厨部隊なのはいいんですが、本当のスコア稼ぎ方を知ってる人間が集まっていて、更に人数もかなり多く、更に更にほぼ完全にアークダガーという、まさに一般人から見たら最悪の存在でした。

 

反乱軍

その少し後、I鯖ゲブランドにもとある部隊が生まれました。名前を真・正方形といいます。スコア厨部隊というよりかはただの変人の集まりでしたが、あくタイプの暴走を止める為にレジスタンス活動を徐々に始めていきました。嫌がらせをする事に関してはまず全一でしたが、一応スコアを稼ぐ活動も多少はしていました。

 

同じ場所に集う

そもそも、当たり合いが多くなって面白いマップ=スコアが出るマップのような感じなので、必然的に2つの部隊はアークやダガーで、そして敵側で対峙していました。

 

スコア

当時のスコアを稼ぐ筆頭職は今と変わっていません、鰤と短剣の2枚です。しかしボーナス計算式やスキル性能が当時は違いました。具体的には

・バッシュやブレイクは既に入っている敵でも当てた分だけボーナスが入る

ブレイズショットがとても強い

この2点です。

ボーナス云々は多分皆さんご存知だと思いますが、この仕様だとフルブレイクが入っている敵に短剣が猿のようにブレイクを振り続けます。バッシュしたら短剣が3人ぐらい姿を現して皆でブレイクを振る光景は恐ろしかったです。

そしてブレイズショットですが、今のブレイズがサッカー日本代表だとすると当時のブレイズはサッカードイツ代表です。dotもスコアも当てた分だけ入るし、射程も全然長いので開幕ハイパワポブレイズがテンプレになってしまうほどでした。正直当時氷ソーサラーをやっていた人がちょっとかわいそうになりました。

後はポイズンブロウ、やはり当たった分だけスコアが入るので常に戦場に張り巡らされていました。私含め自分の毒霧でブレイク被って死ぬ人、多すぎです。しかしスコアは入るのできっと幸せだったことでしょう。

 

迷惑行為

もうわかると思いますが、こんな状況で2つのスコア厨部隊が激突してたら一般の方からしたらただの迷惑行為です。常に毒霧張ってる、何かしててもしてなくても炎を纏った矢が飛んでくる、バッシュ貰えば短剣がゴキブリのように湧き出てくる、クリスタルを掘ってても常に謎の集団が襲ってくるので裏方もままならない。当たり前ですが、一般の方々からは本当に嫌われてたと思います。すいません、私も方形サイドで色々やってました。ごめんなさい。

 

実際のところ

あくタイプの人達は一部の人を除いて方形の事は特に意識してなかったと思います。というか、そんな話を当時のメンバーから聞きました。なので単純に同じ時期にタチの悪い2つの部隊が同じ鯖に集まってしまったという、ただそれだけです。内部の人間がある程度繋がっていたので、そこから更にTwitterも絡むような熱い熱いバトルに発展してましたが、そこはまた違う機会に触れたいと思います。

 

続き書いたほうがいいですか?これ

最近ちょっと忙しいというか、記事のネタもあんまりなくてリクエストあったものを適当に書いてたんですが、もっと深く書いたほうがいいでしょうか?何回かに分けて面白かった事だけ書いていくつもりだったんですが、不評でしたらこれでそのまま終わりますw